干瀬節(ひしぶし)

歌詞

[一]
里とめばのよで いやでいゆめお宿
冬の夜のよすが 互に語やべら

[一]
干瀬に居る鳥や 満潮うらみゆい
わみや暁の 鳥どうらむ

[三]
七読と廿読 綛掛きて置きゅて
里があけず羽 御衣よすらね

干瀬節(ひしぶし)について

ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。ここに解説が入ります。